深い知識と向上心で
お客様に寄り添う存在へ

  • 営業
  • 仲 素直
  • 2017年入社 現代政策学部卒
Profile
住み慣れた地元である埼玉県が好きで、地域密着型だったサンテックスへ入社を決めた。川越周辺を担当する営業として活動し、日々お客様からの期待に応えている。

現在の仕事内容と、
心がけていることを教えて下さい

現在は、部品に代表される“モノ”の提案に加え、工事などの“コト”の提案を同時におこなっています。
家庭用のブレーカーやロボット、さらには工場で使用する手袋まで、当社が取り扱う商材は多種多様。メーカーも多岐にわたります。“モノ”の販売にあたっては、これらの商品知識を駆使し、設備を作る機械メーカー様などへ最適なご提案をおこないます。
一方、工事をはじめとする“コト”の提案は、協力会社と連携しておこないます。主に製造業のメーカー様へ向け、費用やスケジュール、メリットやデメリットといった大枠はもちろん、サイズや工法といったディティールまで計画し、案件を進行していきます。
いずれの仕事においても心がけているのは、お客様の抱く課題感や理想に寄り添うこと。お客様は何を望んでおり、どんなことが可能で、何に課題を抱えているのかを想像し、できる限りの情報収集をおこないながら、日々の提案に繋げています。まだまだできていないことばかりですが、先輩方にアドバイスを頂きながら、一日も早くお客様の役に立てるような営業を目指していきたいです。

情報収集をおこなう上で、
意識していることは何ですか?

お客様先の現場の方々と、ざっくばらんに会話をすることです。
新しいお取引のための打ち合わせや、トラブル対応時にお客様先へお伺いした際は、必ず現場の方と会話をするようにしています。現場の情報は常に新鮮ですし、私の中の知識の源にもなります。ちなみに、現場の方とは気付いたら仲良くなっていることがほとんど。もしかしたら、居酒屋のアルバイトでカウンター越しにお客様と会話をしていた経験が、活きているのかもしれません。
時には、企業のIRを調べることもあります。自分なりに深掘りし、知識を身に付けていく中で、営業としての土台が養えるように感じています。また、調べる時は、お客様はもちろん、関連する業界全体も意識するよう心がけています。例えば、社会界情勢が大きく動いた際は、製造業界のみならず金融や観光など様々な業界のリスクに目を向けます。
こうした社会の動きを理解した上で現場の方と話をすると、同じ話題でも違った観点の印象を抱くことができる。知識と会話の相乗効果で、より広く深い情報収集にこれからも努めていきたいと考えています。

失敗から学んだことを教えて下さい

どんなに些細なことでも、不明な点は必ず確認をしておくことです。
数ヶ月前、私がスケジュールの確認を怠ったことで、お客様に対して誤った納期を伝えてしまったことがありました。ご発注を頂いた製造機械部品の納品予定日を、実際より“早く”お伝えしてしまったのです。当然、納品日を基に計算されていた生産スケジュールは変更。予定通りの生産ができなくなってしまい、お客様には多大なご迷惑をお掛けしました。本当に情けなく、やるせない気持ちになったことを覚えています。
その際に学んだのが、前述した「どんなに些細なことでも、不明な点は必ず確認をしておくこと」の大切さ。スケジュールはもちろん、金額の詳細や契約内容など細かいところまで確認し、疑問を感じたら必ず調べる。そうすることで、問題が起こった時も即座に対応できることを知りました。
また、よりよい営業活動には、営業事務の方々との連携も不可欠。皆さん、細かい部分にも気を配って下さるので、本当にありがたい存在です。そうしたサポートに感謝をしながら、お客様からの期待に応えられるような営業を目指していきたいと思います。

将来の夢・目標
将来の夢・目標
業界や商品に対する知識を、より高めていくことです。
当社が携わっている業界は、食品・化粧品・医薬品といったいわゆる“三品業界”をはじめ、自動車や半導体など、本当に様々です。もちろん、お客様も多種多様。だからこそ、業界や商品に対する知識をより高め、あらゆるお客様と同じ目線でビジョンや目標を共有できる営業になりたいと考えています。また、そうした努力を通じ、幅広いお客様とのお取引にも繋がれば嬉しいですね。未来を察知できれば提案もしやすいですし、他社よりも先手を打つことができますから。
全てをいきなり習得するのは難しいですが、一つひとつの業界や商品の知識を仕事と結びつけながら、一歩ずつ学んでいければと思います。
PAGETOP