不安を感謝に変える、
誠意と対応力

  • 営業事務
  • 細田 実里
  • 2018年入社 文学部卒
Profile
転職をきっかけに、地域に根差し、お客様と直接やりとりできるサンテックスへ入社。現在は、若手の営業事務として、担当するお客様から寄せられる様々なご相談に対応する。

ご入社された経緯と、
現在のお仕事を教えて下さい

学生時代、和食店でアルバイトをしていました。お医者様や経営者の方々が多く来られるそのお店で正しい言葉遣いを学んだことをきっかけに、接客業へ興味を抱きました。大学を卒業後は、大手ホームセンターへ就職。総合職として、営業や接客、店舗づくりなど、様々な仕事に取り組みました。しかし、重い荷物を持つことが多い仕事柄、思いがけずヘルニアを発症してしまい、あえなく転職することに。様々な企業を検討する中で、デスクワーク中心でありながら、お客様と密にやりとりができるサンテックスの営業事務に興味を抱き、入社へ至りました。
営業事務の役割を一言でいえば、「営業さんとお客様の間に立つ」こと。見積書の作成や書類の処理などの事務仕事はもちろん、必要に応じて様々な業務をおこないます。最大の特徴は、お客様と直接お話しする機会が多いこと。納品後に生じたお困りごとやトラブルに際しては、私たち営業事務が受付をおこない、その対応を含めて責任を持ちます。簡単な仕事ではありませんが、周囲の先輩方を見習い、自分なりのスケジューリングやタスク管理をおこないながら、日々努力しています。

お仕事のやりがいを教えて下さい

お客様のお困りごとを解決することが、私のやりがいです。先日も、とあるお客様から「機械が突然ストップしてしまい、今すぐにこの部品が欲しい」というご連絡を頂きました。製造関連の機械は、ストップしてしまうと利益に直結します。一刻も早く解決したいというお客様の想いを受け、すぐさま部品を作っているメーカーへ連絡。当日の出荷は既に終わっていたのですが、誠心誠意掛け合うことで、なんとかすぐに手配頂くことができました。
「なんとしても、お客様のお役に立ってみせる」という熱意は、当社で働く従業員全員に共通する想いかもしれません。私自身も、お客様が求める部品が上手く手配できない時は、メーカーの本部へ電話し、その先の工場や倉庫へ電話し、さらに担当者の方へ繋いで頂き…と、諦めずにアプローチを繰り返します。その動機は、やはり「電話口の向こうで困っているお客様をサポートしたい」という想い。人と人とのつながりを大事にお客様と向き合っていくという、サンテックスの変わらぬ姿勢そのものです。
もちろん、解決する上では、工夫もするんですよ。例えば、先輩から教えて頂いた“具体的に伝える”ことも、その一つ。「お客様が困っているので、今日中にこの部品を手配して下さい」とお伝えするだけでは、メーカーの担当者の方も動きづらいですが、「今日中にこの部品がなければ、○○万円の損失が出てしまうので、困っているんです」とお伝えすれば、緊急性が伝わります。細かいことですが、そうしたコミュニケーションの工夫一つで、結果が変わるように思います。

サンテックスの営業事務には、
どんな人が向いていると思いますか?

自分で考え、動ける人だと思います。
一人ひとりに“担当のお客様”がいる、当社の営業事務。お困りごとやご依頼、ちょっとした相談など、寄せられる声一つひとつに耳を傾け、責任を持って対応する必要があります。声だけを頼りに状況を把握し、お客様の求めている解決策を導く過程は簡単ではありませんが、自分自身の手で答えを導き、お客様のお役に立てているという実感があることも事実。だからこそ、主体的に考え、動くことを楽しめる人に向いていると思うのです。
とはいえ、もちろん入社後は半年から一年ほどかけて、しっかりと仕事を学ぶことができるのでご安心下さい。“パートナーさん”と呼ばれる先輩社員がマンツーマンでフォローして下さるので、細かい業務からお客様との関係性まで、一歩ずつ慣れていくことができます。「自ら主体的に動いて、お客様を喜ばせたい」と思う方なら、きっと大丈夫。ぜひ、一緒に働きましょう。

将来の夢・目標
将来の夢・目標
周囲の先輩方のように、立派な営業事務になることです。入社して約二年間、毎日のようにその仕事ぶりを間近にして、本当に優秀な方々ばかりだと感じました。短い電話口の会話だけで状況を理解し、すぐに解決策をご提示できる。営業さんと遜色ないほどの商品知識を有し、ノウハウも豊富に備えている。「どれだけ経験を積めば、あんな風になれるんだろう」と驚くほどです。いまはまだ若手ですが、今後、私自身にも後輩が増えていくはず。いつかは尊敬する先輩方に近づけるよう、努力していきたいと思います。
PAGETOP