一歩先を見据え
潜在的なニーズをとらえる

  • 営業
  • 谷口 雄太郎
  • 2014年入社 スポーツ学部卒
Profile
埼玉県南エリアの営業を担当。同じ大学出身であり尊敬するOBでもある齊藤社長の、新しいことへ取り組む姿勢や柔軟な発想に惹かれ、サンテックスへ入社を決めた。

現在の仕事内容と、
やりがいを教えて下さい

現在は、埼玉南営業所に在籍し、営業活動をおこなっています。主な仕事内容は、お客様先で困っていることがないかを確認し、状況に合わせて最適な商品を提案することです。
商社なのでメインは商品のご提案ですが、それに加え、“お客様同士を繋ぐこと”にも注力しています。当社のお客様は、製品を生産するメーカーから機械を組み立てる工場まで、多岐にわたります。私は、こうした当社のネットワークを活かして地域の人や企業を繋ぎ、社会に貢献することこそが、当社の使命の一つだと考えているのです。
その実現のために不可欠なのは、新たなお客様との出会いを創出すること。そして、経営者層の方々とお会いして、お客様の特色や強みを直接肌で感じることです。そうした活動が実を結び、お客様同士を繋ぎ課題を解決できた際は、この仕事のやりがいを強く感じます。

失敗から学んだことは何ですか?

商品を提案するタイミングと情報収集力。営業活動においてはこの2点が特に重要であることを、とある失敗から学びました。
当時、会社全体で力を入れていた商品を、お客様へ提案していました。社長や周囲の先輩方からのバックアップもあり、商談は順調。そのことに油断をしたのでしょう、お客様から「少し考えたいから待って欲しい」と言われた私は、理由も聞かずに「分かりました」と快諾してしまったのです。もちろん、気付いた時には、他の会社で契約をされていました。「あの時、しっかりと理由を聞いていれば、何か代替案をお出しできたかもしれないのに」と、今でも後悔をしています。
その経験から学んだことが、“提案するタイミングと情報収集の大切さ”です。お客様が「欲しい」と思ったタイミングで提案すること、そして、情報収集力を高めお客様の状況を把握することが、営業成績に繋がると痛感したのです。当社は商社ですから、同じ商品は他の会社でも取り扱っています。だからこそ、ニーズにあった商品をどれだけ速く提案できるかが、今後の関係を左右する重要なポイントになると考えています。

どんな営業を目指していますか?

お客様の求める“一歩先”を提案できるようになりたいですね。私の仕事はニーズに対する最善策を提案することですが、それはもはや当たり前のことであり、これからは、その先の本質的な課題をとらえていくことが必要でしょう。
しかしながら、今の私は解決策の提案で精一杯。まず取り組むべきは、周りの上司や先輩方のように、お客様との会話の中で常にアンテナを張り巡らせ、課題を察知していくことだと考えています。
また、それと同時に業界全体の流れも押さえていかなければなりません。例えば、「ロボット導入に際しての需要の変化」も、その一つ。数年前まで、その目的のほとんどは生産性の向上でしたが、近頃は省人化に変わってきている。こうしたお客様の状況をいち早く察知することも、大切なことであると認識しています。
これからの時代を生き抜くためには、いかに多くの情報を取得し、スピード感を持って相手のニーズに応えられるかが重要です。常に頭の片隅でそれを意識しながら、着実にそのスキルを身に付けていきたいと考えています。

将来の夢・目標
将来の夢・目標
営業本部長になることです。尊敬する現本部長は、社長、社員、そしてお客様からの信頼も非常に厚い方。その理由は、日頃の行動にあります。一番は、レスポンスがとにかく速いこと。社長からの指示に対しては率先して行動されますし、お客様への対応も迅速かつ丁寧。その結果、社内での売上順位は常に上位です。
また、私たち部下のこともよく指導してくれます。時には厳しい言葉をもらうこともありますが、それは見てくれているからこそ。些細なことまで気にかけてくれるので、本当に感謝しています。
まだまだ未熟な私ですが、いつか本部長と肩を並べられるように、日々精進していきたいと思います。
PAGETOP